MagSafeに対応した定番のiPhoneスタンド、MOFT snap onがめちゃくちゃ便利だったので紹介する

iPhone&iPad

おはようございます、じゅにあです。

iPhone 13 Proに買い替えてから全力で活用しているMagSafeですが、今回新たに買ってみたMagSafe対応アクセサリ、MOFT snap onがハチャメチャに便利だったので紹介してみようと思います。

手軽に使えるiPhoneのスタンドとして最早完成形なんじゃないかと思えるくらい使い勝手が良く、かなりおススメです。

以下では詳しく説明していきます。

それではどうぞ!

MOFTとは?

まずは、そもそもMOFTとは何なのかを簡単に説明したいと思います。

MOFTとは、主にモバイル端末のアクセサリーやスタンドといった周辺機器を販売している会社、およびそのブランド名になります。

会社名はMobile Office for Travelersの略で、日本語に訳すと”旅行者のためのモバイルオフィス”といったところでしょうか。

どこでも使えるスマホやタブレット、ノートPCといったモバイル機器の使い心地を快適にしてくれるスタンドやアクセサリーを多数展開しています。

以前から会社の存在は知っており、特にスマホ用スタンドは気にはなっていたのですが、テープで止める仕様が少し嫌で購入はしていませんでした。

しかし、自分が知らなかっただけでどうやらMagSafe対応のモデルも発売されていたようだったので、今回そちらを購入したという流れです。

ちなみにMagSafeについても簡単に説明しておくと、iPhone12以降のiPhoneの背面に搭載されている磁力を用いたギミックで、色々なものを取り付けたりワイヤレス充電が出来たりします。

MagSafeを用いた充電って普通にコードがあるので、ワイヤレスじゃなくね?って思うんですが、ワイヤレス充電らしいです。

また、この記事を書くにあたりMagSafeについて改めて調べたところ、ワイヤレス充電の規格である「Qi」に新しい規格「Qi2」が出るらしく、Qi2ではMagSafeがベースになっているとか。

最近Android端末を買った自分としては、Androidでもくっつくワイヤレス充電が使えるようになったら嬉しいですね。

…と思ったけど、自分が勝った端末は多分背面にマグネットなんて付いていないのでとりあえずは関係ないかも。

少し脱線してしまいましたが、MOFTとMagSafeについて簡単に説明してみました。

今回購入したMOFT snap onについて

MOFTのスタンドは、

  • スマホ用
  • タブレット用
  • ノートPC用

など、様々な端末向けのものが展開されていますが、今回自分が購入したのはMagSafe対応のiPhone向けのものになります。

iPhone向けのスタンドですら何種類か用意されていますが、今回購入したのはMOFT snap onというモデルになります。

MOFT snap on。普段は薄く…
使う時はスタンドになります

これは、縦置きでも横置きでも使えるiPhone用のスタンドで、MagSafeで簡単に着脱できます。

また、スタンドとして使えるだけではなく、カードを数枚収納することも可能。自分は使っていませんが、例えばSuicaとかを入れておくと便利そうです。

隙間にカードを入れることが出来ます

価格について

MagSafe snap onの公式サイトでの販売価格は、3880円or4280円となっています。

価格が2種類あるのはカラーによって異なるからで、多分新しめの色の方が高くなっているのかな?

あとで紹介しますが、カラーバリエーションは全13種類でその内4種類が4280円、残りが3880円となっています。

ちなみに自分はAmazonで購入しましたが、公式サイトと同じく3880円でした。

サイズについて

コンパクトなサイズ感もMOFTの魅力で、重さは43gで厚さに至っては6mmとのことです。

特に厚さ6mmが凄くて、ここまで薄いと取り付けても違和感が全くありません。

iPhone 13 Proに取り付けたところ

というか少し厚くなるのが実はメリットだったりもするんですが、それについては後ほど話します。

重さについては、確かに軽いけどiPhoneに付けると少し重たくなったなって感じはします

iPhone13 Proの重量が約203gなので、MOFT snap onを取り付けると約245gになって、iPhoneだけの場合と比べると約1.2倍の重さになります。

なので、若干重たくなります。あくまで若干だけどね。

カラーバリエーションについて

MOFT snap onはカラーバリエーションも豊富で、上の方でも書きましたがその数なんと13種類(2023/1/9現在)。

お手持ちのiPhoneと相性の良さそうな色を選んだり、単純に好きな色から選んだりすることが出来ます。

自分はそこまでカラーにはこだわらない方ですが、色の選択肢が豊富というのは純粋に良いことですよね。

自分の場合はiPhone本体のカラーがシエラブルーなので、それと相性のいいウィンディブルーをチョイスしました。

色合いがマッチしています

なお、お値段が高いカラーは

  • ウィステリア
  • メイプルオレンジ
  • スプラウトグリーン
  • ヴィクトリアブルー

の4種類です。

その他のカラーについては、MOFTの公式サイトからご確認ください。

MOFT公式サイト

実際にMOFT snap onを使った感想

ここからは、実際にMOFT snap onを使って感じた感想についてまとめていこうと思います。

縦置きでも横置きでも使えるのはやはり便利

まずはスタンドとしての使い心地について。

MOFT snap onは、縦向きスタンドとしても横向きスタンドとしても使えるのですが、これが思っていたより便利です。

動画を観るときはこんな感じに横向きにして使うことが多く、これは予想通り便利でした。そもそも横向きスタンドして使うつもりで買ったしね。

横向きはこんな感じ

一方、縦向きスタンドしては、使うつもりもなかったし正直使わないかなと思っていたのですが、実際に使ってみるとこれが案外便利

縦向きに使う時はこんな感じ

使用用途としては、Twitterやインターネットサーフィンといったいわゆるブラウジング操作ですね。

ブラウジングって日常的にかなりすると思うのですが、その際スタンドがあると想像以上に楽ですね。

手で持たない分当然楽だし、良い感じに角度が付いているのでテーブルにiPhoneをそのまま置くより首が楽。

今何気なく書いたけど、ほんとに角度が良い感じなんですよね。マジで丁度いい

また、iPhoneを使っていない時に縦向きモードで置いておくといい感じ。

こんな感じにデスクに置いておくと◎

通知のチェックもしやすいし、そのままポンと置いておくよりオシャレな感じもします。

フローティングモードが良い感じ

また、このsnap onでは縦、横以外にフローティングモードというのもあります。

こんな感じにスタンドは縦向きの状態でiPhoneを横向きで取り付けるモードなんですが、これが中々良い。

フローティングモード

普通の横向きモードより高さが出るので、目線的に丁度いい感じになるし、何よりiPhone本体がテーブルに当たらないのがとても良いですね。

自分、iPhoneをほぼ常にマナーモードにしているのですが、普通の横向きモードだと通知が来た時に本体とテーブルの接地面から結構大きな音がしてしまうんですよね。

縦向きモードでも同様の現象は起きるのですが、フローティングモードだとそれがありません。

なので、特に周りに人がいる環境ではフローティングモードが役に立ちます

あと本体が浮いている感じがカッコいいです。

この手のアイテムを使う上ではカッコよさって何気に重要だと思っているので、地味ながら大きな利点です。

MagSafeなので付けはずしが簡単

自分は普段の充電にはMagSafe充電器を使っているし、モバイルバッテリーもMagSafe対応のMagGo、さらにはMagSafe対応のスマホリングも使用する…といった具合にMagSafeをフル活用しています。

なので、iPhoneの背面は状況によって色々なものを付けるわけで、取り外しが容易であるというのは結構重要です。

その点、このsnap onはMagSafe対応のアクセサリなので、当然脱着が簡単です。

なので、他のMagSafeアクセサリを使っている人も安心して使い分けできます。

レンズがテーブルに当たらなくなる

これは使ってから初めて気づいた利点なんですが、MOFT snap on自体の厚みのおかげで、テーブルにiPhoneを置いた時にレンズがテーブルに当たらなくなります

最近のiPhoneってカメラの性能が高い分レンズも大きくなっており、少し出っ張っているんですよね。

なので、テーブルに置いた時にレンズがテーブルに当たってしまいます。

わかりづらいがレンズがテーブルに当たっている

仕方ないこととはいえ、これではレンズが傷つきそうで少し怖いです。

一方、MOFTを取り付けると厚さが少し増すことによりレンズがテーブルに当たらなくなります

レンズが当たっていない!

これ全く想定していなかったんですが、かなり嬉しいです。

また、レザー製なので、滑り止め的な役割も果たしてくれます。

iPhone 13 Proくん、あまりにツルツルした質感で気づくと滑り落ちたりしていたので、滑り止め的に働いてくれるのもとても嬉しいです。

ちなみに自分はツルっと滑り落ちて画面に傷がついてからガラスフィルムを貼ったのですが、皆さんはそうなる前にガラスフィルムを貼っておきましょう。

ガラスフィルムのレビュー記事

スマホリング代わりに使うのはイマイチ

上の方でも書きましたが、自分はMagSafe対応のスマホリングも持っていて、そちらも使用しています。

気づいたらボロボロになっていたスマホリング

MOFTもこんな感じでスマホリングも代わりに使えないかなと思ったのですが、この使い道はちょっと怪しいですね。

こんな感じに使いたかった

というのも、スマホリングに比べるとMOFTの方がくっつきが弱いです。

なので、不意に外れる可能性が割とありそうで、スマホリング代わりに使うのは結構危険そうです。

まあそもそも想定されている使い道ではないので、文句はないのですが、もう少しくっつきが強ければスマホリング代わりにも使えそうだったので少しだけ残念です。

カード収納機能は個人的には使わない

上の方でも説明したとおり、MOFT snap onにはカード収納スペースがあるのですが、今のところこの機能は使っていないし今後も使う予定はありません

例えばSuicaとかを入れておけば便利そうなんですが、自分モバイルSuicaなんですよね。

なので、交通系ICカードを入れるという選択肢はなし。

かと言ってクレジットカードを入れるのは少し、というかかなり怖い

で、他に入れるカードがあるかというと自分の場合特にありません。

なので、カード収納機能は使っていないし今後も使う予定はなさそうです。

まとめ

という事で、今回はMagSafe対応のスマホスタンドMOFT snap onを使い始めたところ、かなり使い心地が良かったので紹介してみました。

MagSafeを用いたスタンドとして最早完成形なんじゃないかと思えるほど完成度が高いので、気になる方はぜひ使ってみてください。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました