檸檬堂からの新商品!レモネードのお酒NOMEL’s3種飲んでみました

グルメ

こんばんは、Jrです。

ちょっと前に檸檬堂から新しいお酒が出たのをご存じでしょうか?

それが今回紹介するNOMEL’sというお酒で、レモネードのお酒となっています。

ベースはレモネードだけどテイストが異なる3種類の商品が発売されたので、とりあえず全部買って飲み比べてみました。

NOMEL’s三種類を並べてみました

なので、今回の記事ではその自分なりの感想を書いてみようかと思います。

ちなみに自分はそんなにお酒を飲む方じゃないので、兄と一緒に飲みました。あいつは無限に飲むので。

ということで、それぞれの感想を見てみましょう!

まずは甘酸っぱいレモネードから

まず最初に飲んでみたのが甘酸っぱいレモネードと書いているやつで、写真右側のやつですね。

Originalとも書いてあるので、これが一番スタンダードな味なのかな?

今回上の写真以外取り忘れてしまったのでお見せすることが出来ないんですが、ピンクグレープフルーツも入っているようです。

それが理由かはわからないですが、今回飲んだ三種類の中で一番酸味が強かったのがこの甘酸っぱいレモネードでした。

自分は酸味がちょっと苦手なので飲み始めの内は少し酸味が強すぎるかな?と思いましたが、飲んでいく内にこれはこれで美味しいなと思うように。

酸味が強めのお酒で爽やかな味わいを楽しみたい時とかにいいかも?

また、三種類全てに言えることなんですが、若干ビターな風味もあり、味わいに深みが出ています。

この苦みも良いアクセントになっていてとてもgood!

続いてほろにがレモネード

次に飲んだのがほろにがレモネードで、写真真ん中のやつですね。

こちらは名前の通り少し苦めのビターな味わいで、酸味はあまり感じられません。

トニックフレーバーが追加されているようなので、それがほろにがさの正体なんだと思います。

酸味が少なめなことからも、レモンの酸っぱさを楽しみたい!って時に選ぶのはちょっと微妙かもしれません。NOMEL’sから選ぶとしても他のフレーバーをチョイスした方が良いかも。

ただ、酸味があまり得意ではない自分にはとても合っていて、今回飲んだ三種類の中で個人的に一番美味しいと感じたのがこのほろにがレモネードでした。

また、他の二種類と比べるとアルコール度数が高く設定されているのも特徴ですね。

他の二種類が5パーセントなのに対してこちらは7パーセント。ちょっと高いですね。

度数は高めであるのにとても飲みやすいので、飲みすぎないように注意したいところ。

最後にちょっと酸っぱいレモネード

最後に飲んだのがちょっと酸っぱいレモネードで、写真左に写っているやつですね。

こちらに追加されているフレーバーはゆずで、実際に飲んでみるとしっかりとゆずの香りがします。

ゆずってレモンと同じ柑橘ではあるものの、香りは結構違うのでしっかり主張してきます。

逆に甘酸っぱいレモネードのピンクグレープフルーツは正直あまりわからなかったです…。自分が味覚音痴である説は否定できませんが。

飲む前はこいつが一番酸っぱいのかな?と思っていたのですが、意外とそこまで酸っぱくなくて酸味に関しては多分甘酸っぱいレモネードの方が上ですね。

酸味とゆずの香り、アルコール度数など諸々のバランスが一番いいのはこいつじゃないかなぁ。

ちょっと酸味が欲しいって時に選びたいかな。

まとめ

ということで、今回はNOMEL’s三種類を飲んでみたのでその感想を書いてみました。

書いてみて思ったのですが、三種類全部同じ日に飲んだので一つ一つの感想が少し薄くなってしまいましたね…。

また飲むと思うので、その時はじっくりと味わって飲んで、この記事に加筆したいと思います。

それぞれ違う良さがあるので、自分の好みだったりその日の気分によってどれを飲むかを決めると良いんじゃないかと思います。

そんな感じで選ぶ楽しさがあるのもNOMEL’sの良いところかなと。

また、三種類全てに言えることではあるのですが、パッケージが可愛らしい

お酒感があまり感じられないパッケージなので、例えば女の人とかでも手に取りやすいデザインになっていると思いますね。味も飲みやすいし。

自分としても家で飲むときの定番の一つになりそうです。まあお酒自体そこまでよく飲むわけではないけど。

ということで、今回はこんなところで。では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました